0

「質問があります」(アーツ前橋×前橋文学館「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」)2017年10月20日~2018年1月16日)


 
2017年10月20日から2018年1月16日に開催された前橋市での展覧会「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」(アーツ前橋×前橋文学館)で、TOLTAは「質問があります」という企画展示を行いました。
 
これは前橋の「まちなか」(アーツ前橋や文学館のある地区)の各所にさまざまな方法で掲示した「質問」の回答から生まれる「言葉」を、美術館の館内へ回帰させるという試みです。TOLTAが考案した15の質問が、JR前橋駅の横断幕や商店街ののぼり、空き店舗のシャッター、デパートの柱、飲み屋街の地面、街灯ポストにつけられたフラッグなどの形で掲示されます。
 

 

 

 

 
 

アーツ前橋の展示室には、この「質問」への答えが、キューブの側面に書き起こされ、まちなかの地図をしるしたテーブルの上に置かれています。本展覧会の事前準備として、2017年8月に前橋市内の高校生と行ったワークショップから出てきた質問への回答も、音声として展示室に流れるほか、キューブとして展示されました。

 


 

 

 
観覧者はこのキューブを手に取って読み、好きに積み替えて遊ぶことができます。そして展示室内に掲げられた最初の質問から、このプロジェクトへの参加を求められます。観覧者が、まちなかのマップに付属した回答用紙に質問への回答を書きこみ、アーツ前橋と文学館に置かれた回答箱「答えをください」に投入すると、それはTOLTAによってキューブの形でフィードバックされます。
 

 

 

 
展覧会会期中、最終的に250以上の回答をいただきました。寒い中でのまちなか歩きとなりましたが、ご参加くださって感謝しております。また、まちなかでの質問の掲示にご協力くださった各関係者のみなさまも、どうもありがとうございました。
 

 

 

 

写真撮影=木暮伸也
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です