0

日本現代詩歌文学館常設展「ゲームと詩歌」

日本現代詩歌文学館で開催中の展覧会「ゲームと詩歌」でTOLTAの山田亮太が新作「ふっかつのじゅもん」を発表しています。
常設展ですので、岩手へおいでの際はぜひお立ち寄りください。

ゲームと詩歌―遊ぶこと、生きること

遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん-人間は遊びをする動物である。古くから詩歌には、歌合や付け句といった遊戯性の高い形式が存在し、それらは知識の広範さや、機知の有無を競う知的ゲームとしての側面を持つ。もとより、ことばとことばの関連を見つけ、あるいは壊し、つむいでいくという文学的表現そのものが、遊戯性を内在しているとも言えるだろうか。 現代の個性豊かな作品を、展示という盤上に並べて俯瞰し、数手先の詩歌の未来を垣間見る。そのような期待を込め、平成30年度常設展「ゲームと詩歌―遊ぶこと、生きること」を開催する。

 

会期 2018年6月12日(火)~2019年3月17日(日) 9:00~17:00
*休館日12月~3月の月曜日・年末年始
場所 2階展示室 入場無料
主催 日本現代詩歌文学館
図録1,000円(税込)

 

展示内容
全国で活躍中の詩歌人による直筆作品51点、物故作家作品41点の活字パネル、インスタレーション(トリックアート)、アナウンサー 粟津ちひろ氏(東北放送株式会社)による、詩歌作品の朗読

展覧会ウェブサイト https://www.shiikabun.jp/exhibition/detail/490.html

 

日本現代詩歌文学館
〒024-8503 岩手県北上市本石町2-5-60
TEL:0197-65-1728 FAX:0197-64-3621

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です