0

余生のはじまり (2013年8月)

tumblr_mqhwebJ5Sg1snowa6o1_1280

 

両国で生まれ育った関口文子による、両国での生活を描いた演劇作品。 演劇とは? 生活とは? 言葉とは? 両国という土地、そして「余生」という観念を巡る物語が展開される。

 

本作品は「トルタバトンテン」参加作品のひとつだが、トルタが企画制作を行うことになった。演劇以外のジャンルにも興味をもってもらうため、俳優・演出家・詩人・音楽家など各回異なるゲストを迎えて上演した。また詩人・歌人16名に「余生のはじまり」というテーマで詩と短歌を依頼し、これらのテキストと関口を両国で撮った写真とあわせてウェブフライヤーを作成した。

 

tumblr_mp6tesNiBV1snowa6o1_1280
 
tumblr_mp6ta0SjXa1snowa6o1_1280
 
tumblr_mp6tfcjL3l1snowa6o1_1280

これらのフライヤーは余生のはじまり フライヤーギャラリーで見ることができる。

 

「余生のはじまり」
2013年8月3日~4日
作・演出・出演  関口文子
会場 両国門天ホール
東京都墨田区両国1-3-9 ムラサワビル1-1階
ゲストパフォーマンス  立川貴一、カゲヤマ気象台、大崎清夏、アニュウリズム
コーディネーター 山田亮太
宣伝美術 河野聡子
制作 TOLTA
協力 綾門優季、カニエ・ナハ、菊井崇史、久谷雉、小峰慎也、鈴木一平、橘上、久石ソナ、ブリングル、文月悠光、永澤康太、山田航、雪舟えま、小駒豪、武藤健一

主催 関口文子、TOLTA

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です