0

2018年8月10日「アレン・ギンズバーグに捧げる「詩の朗読会」ビート・ナイト!」にゲスト出演します。

渋谷・神宮前のワタリウム美術館で開催中の展覧会「理由なき反抗」によせて、8月10日に開催されるポエトリーイベントにTOLTAでゲスト出演します。TOLTAの出演時間は短いですが、トークやオープンマイクの募集もあります。みなさまのお越しをお待ちしています。

 

アレン・ギンズバーグに捧げる「詩の朗読会」ビート・ナイト!
“Poetry Reading” tributed to Allen Ginsberg BEAT NIGHT!

2018年8月10日(金)
19:30〜21:30
ワタリウム美術館

1950年代、アメリカで若者たちによる体制への戦いが始まった。彼らの武器は「言葉」。それがビート・ジェネレーションである。そして詩集『吠える』によって、ビート・ジェネレーションを代表する存在となったのがアレン・ギンズバーグだった。ワタリウム美術館を創った初代館長・和多利志津子は、ギンズバーグと親交があり、今回の「理由なき反抗」展に合わせて、10時間ものロングインタビューが公になった。それを記念し、ギンズバーグと和多利志津子に捧げるポエジーの一夜を開催する。

【第1部】
トーク「危機の時代のアレン・ギンズバーグ」
城戸朱理(詩人)、原成吉(獨協大学教授)、遠藤朋之(和光大学准教授)、ヤリタミサコ(詩人)

【第2部】 ギンズバーグに捧げる「詩の朗読会」
★朗読希望者を募集!(先着10人。1人5分以内を予定)
ゲスト:石田瑞穂、及川俊哉、広瀬大志、TOLTA

【この日だけの特別展示】
ギンズバーグのオリジナル原稿
(和多利志津子がインタビューを行い、ギンズバーグが加筆・訂正し、自らワタリウム美術館へ持参した校正紙)

【参加費・定員】
2,000円(ブックレット『アレン・ギンズバーグと和多利志津子の会話とインタビュー』付き。ドリンク別)
先着100人(うち朗読希望者は10人)

★観覧のみの人も朗読参加者も同料金
★ワタリウム美術館会員割引有:サポート会員50%引/アートパス会員20%引

【申込方法】
件名「《 8.10ギンズバーグ 》参加申込」とし、参加申込書〈1.申込者名/2.ご住所/3.電話番号/4. E-mail/5.会員番号(ワタリウム美術館会員の方)〉を、E-mail : order@watarium.co.jp まで送信いただき、併せて、下記の口座へ参加費をお振り込みください。ご入金をもって受付完了となります。
★振込先:三井住友銀行 青山支店(普)1033281(名義)ワタリウム美術館
★ご入金の方へ〈受付票〉を開催日2日前までにE-Mailにて返信いたします(開催日2日前以降は、お振り込みでのご予約を終了させていただきます)
★参加申込は、ワタリウム美術館1F受付でも随時承っております

《ご注意》
▼定員になり次第、締め切ります ▼お申し込み・お振り込み後の受領確認の返信はいたしませんのであらかじめご了承下さい ▼定員を超えた場合のみご連絡させていただきます ▼ご入金後のお客様のご都合による返金はできませんのでご注意ください

ワタリウム美術館 電話03-3402-3001 FAX 03-3405-7714
東京メトロ「外苑前駅」(G03) 3番出口より徒歩8分
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6

制作:マッドバンビ
後援:思潮社

 

 
【後記】
本イベントでは「4人のための #Me Too」という作品を上演しました。山田亮太と大崎清夏さんとのやりとりがきっかけで生まれた作品です。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です