0

詩集『閑散として、きょうの街はひときわあかるい』(TOLTA マイナンバープロジェクト)

今年4月にお知らせした「TOLTA マイナンバープロジェクト」ですが、参加者による「言葉の入力」は5月19日に終わりました。意図したわけではまったくないのですが、全国的な緊急事態宣言期間中と重なった1か月でした。   さて、マイナンバープロジェクトのこの次の段階として、 詩集『閑散として、きょうの街はひときわあかるい』 を7月5日の東京ポエケットで発売します。   PDFダウンロード   イベント購入が不可… Continue Reading

0

叙事詩鷹栖(2020年3月制作)

  2019年8月25日に北海道上川郡鷹栖町図書室で「叙事詩鷹栖プロジェクト・山田亮太ワークショップ」を実施しました。参加者は40人ほどで、プログラムにしたがって鷹栖町での経験や思い出を参加者それぞれが話し、他の人が聞いて書きとる、といった形で、言葉を作っていただきました。 これを山田亮太が「叙事詩鷹栖」として10篇の詩に構成し、さらにTOLTAの制作でフリーペーパーにしました。   本作品はA1全紙を折りたたんだ両… Continue Reading

1

TOLTA マイナンバープロジェクト(2020年4月20日~)

  2020年4月19日現在、新型コロナウイルス感染症の世界累計の感染者数は230万人を超え、感染症による死者数は16万人を超えました。日本国内の感染者数は1万人を突破、死者は200人以上となりました。   日本では、感染を疑い検査を受ける基準のひとつが、37.5℃以上の発熱が4日以上つづくこととされています。   疑いのある者には14日間の隔離を! 10人以上の集会は自粛! 他人とは2メートル以上の距離を… Continue Reading

0

【予告】2020年2月11日「形」河野聡子講義ー「なぜ詩人は詩集を作らなければならないのか」(PLAYSandWORKS第2弾企画)

2020年2月11日(火・祝)、岸井大輔氏主宰 PLAYSandWORKS第二弾企画「形」講義シリーズとしてTOLTAの河野が北千住Buoyで講演します。 「形」講義は以下のコンセプトで、2月8日~16日まで北千住で開催されます。   「形」について知ることから、もう一度始めたい。芸術について、広く透徹した視点を持ちたい人と。 いまは、イベントや話題性ばかり重視され、関わり、運動へと無闇に全てが収斂していくようです。コンセプト… Continue Reading

0

「あそびのじかん」展閉幕しました。ありがとうございました。

7月20日から3か月、開館日が80日にわたった東京都現代美術館の「あそびのじかん」展ですが、10月20日に無事終了しました。のべ8万人を超える入場者があったとのことです。どうもありがとうございました。   #東京都現代美術館 の特別展の「ポジティブな呪いのつみき」。学者一筋の旦那が突然自分に呪いをかけ出してホラーだった pic.twitter.com/8xc4R9RD4q — はーみれー (@halmeeray) August… Continue Reading

0

2019年9月28日 パフォーマンス「この宇宙以外の場所」(東京都現代美術館)

東京都現代美術館で開催中の「あそびのじかん」展ですが、たいへん好評の模様です。大人も子供もそろって遊んでいただき、ありがとうございます。9月23日の時点で展覧会入場者が5万人に達したということでした。   東京都現代美術館の企画展「あそびのじかん」昨日からはじまりました。TOLTAの作品は「ポジティブな呪いのつみき」「漠然とした夢の雲」「ロボとヒコーキ」の3つです。 pic.twitter.com/fKxjgPeU3T — 河… Continue Reading

1

東京都現代美術館「あそびのじかん」展(2019/7/20~10/20)

《ポジティブな呪いのつみき》2016年 「Gallery Voltaire」展 展示風景 Photo: 池田美都 ©SPIRAL/Wacoal Art Center   7月20日から東京都現代美術館で開催される「あそびのじかん」展にTOLTAの作品を出品します。今回は、2016年に表参道のスパイラルで展示した「ポジティブな呪いのつみき」の2019年バージョンとと、つみきとは別種の言葉に焦点をあてた新作「漠然とした夢の雲」ほか… Continue Reading

0

【参加者募集中】2019年5月5・6日開催 ワークショップ「ことばのつみきであそぼう」

  ゴールデンウイーク最後の2日間に、東京都現代美術館にてワークショップ「ことばのつみきであそぼう」を開催します。 このワークショップは、今年の夏から秋にかけて東京都現代美術館で行われる展覧会「あそびのじかん」で展示する作品の準備として行われます。今回、TOLTAはこの展覧会に、2016年に表参道のスパイラルで展示した「ポジティブな呪いのつみき」の2019年バージョンおよび、新作のインスタレーションを出品します。 人間は毎日い… Continue Reading

0

プロジェクトパフォーマンス「マスを埋める」と『この宇宙以外の場所』について

11月25日に発売したTOLTAの新刊詩集『この宇宙以外の場所』ですが、12月13日をもちましてTOLTAでは在庫切れとなりました。ただ入手先がなくなったわけではなく、劇作家岸井大輔さんの新刊『あそびとつくりごと1 戯曲は作品であると東京の条件とそのほかの戯曲』を12月25日までにご予約いただくと、特典として本詩集が付属することになっています。また岸井さんのイベントでも販売される予定です。 どうしてこんなことになったのか。まず第一に、す… Continue Reading