0

【報告】おそいおそいおそい詩(2016年7月29日~31日)

7月末のTOKYO ART FLOWで実施された高橋匡太さんとオブラートのコラボレーション「おそいおそいおそい詩」遅まきながら鑑賞された方のネット上にアップされた画像でご紹介します。 なお近いうち、ドキュメントとして撮影された写真もご覧に入れられると思います。 全体でどんな「詩」がおそくおそくおそく展開されたかはそれまでお待ちください。 帰りに駅から見たら、「か」になってた。 pic.twitter.com/3zZDVIC2SM &md… Continue Reading

0

8/26(金) 第11回 Support Your Local Poet Meeting 山田亮太(オバマ・グーグル刊行記念)

    oblaat主催のSupport Your Local Poet Meeting第11回が、山田亮太の詩集『オバマ・グーグル』刊行記念として開催されます。ご予約受付中です。   「私たちはいたるところに立っていた——詩集『オバマ・グーグル』刊行記念」 Poet:山田亮太 Guest:金澤一志、大崎清夏   いま、私たちはどこに立ち、どこを向いているのか。ポケモンGOとか、トランプ現象とか、… Continue Reading

0

ポジティブな呪いのつみきーダダでない、ダダでなくない展(2016年8月4日~14日)

    展示企画「ダダでない ダダでなくない」 いまの社会にあふれる前向きで行動的なメッセージは、人を否応なしに反応させる強制力をもった「ポジティブな呪いの言葉」ではないだろうか。ではこれらの言葉を分解し再構成したとき何が起きるのか。本展示では「ポジティブな呪いの言葉」を組み換え自在な積み木の形で展示し、現代における「宣言文」の構築を模索する。 会期:2016年8月4日(木)—8月14日(日) 会場:スパイラルエント… Continue Reading

0

スペクトラム・ダダ・ナイト(2016年8月6日)

↑「スペクトラム・ダダ・ナイトのための7つのスコア」ブロックを読み上げながらパフォーマンスが行われた。   スペクトラム・ダダ・ナイト 2016年8月6日(土) スパイラルカフェ 開演 20時15分   プログラム 1部 1.フーゴ・バルとガジ・ベリ・ビンバ 2.ハンス・アルプと偶然のメタモルフォーゼ 3.ハンナ・ヘーヒとフォトモンタージュ 4.クルト・シュビッタースと談話によるメルツバウ 5.高橋新吉 日本で最初の… Continue Reading

0

「ダダでない ダダでなくない展」と「スペクトラム・ダダ・ナイト」(2016年8月開催)

ダダ100周年フェスティバル の一環としてスパイラルで開催する「GALLERY VOLTAIRE」にて、展示企画「ダダでない ダダでなくない展」とパフォーマンスプログラム「スペクトラム・ダダ・ナイト」 を実施します。   今年はダダイズム100年だそうです。スイス大使館が音頭をとり、世界的にダダフェスティバルが開催されています。 ダダイズム誕生100年 すこしダダの話をしましょう。 「ダダ」とは、もうほとんど伝説になっているよ… Continue Reading

0

夜景プロジェクト−マゼンタナイト−「おそいおそいおそい詩」(2016年7月29~31日)

二子玉川を舞台に、世界水準の文化情報発信をめざし、継続的に発展させるアートフェスティバル、TOKYO ART FLOWの「夜景プロジェクト−マゼンタナイト−「おそいおそいおそい詩」に河野と山田が参加しています。 本企画は、5人の詩人が1か月かけておそくおそくおそく作成した詩が夜景の中でおそくおそくおそく発表される、というものです。 照明アーティストの高橋匡太さんと詩人の集まり「オブラート」とのコラボレーションとして企画されました。 &n… Continue Reading

0

山田亮太第2詩集『オバマ・グーグル』

  TOLTAメンバー、山田亮太の第2詩集『オバマ・グーグル』が思潮社より発売されました。 前作『ジャイアントフィールド』から7年、今回は装丁を美術家の小田原のどかさんにお願いし、手触りの良い詩集となりました。   入手方法 ①お近くの書店に注文するか、Amazonや思潮社で直接お買い求めください。 思潮社 Amazon *Amazonの在庫切れはある程度時間をおけば解消されます。 ②著者の手元にあるものをTOLTA… Continue Reading

0

アートコレクティブ オル太のドキュメント制作に参加しました。

  今年の1月から、アートコレクティブ オル太さんの「ドキュメントをかるたの形で制作する」というプロジェクトに、主に言葉の側面からTOLTAのメンバー全員で参加しました。他に詩人のカニエ・ナハさんも巻き込み、かるたの読み札の言葉を作りました。 アートコレクティブ オル太は、大きな彫刻作品、ドローイング、大規模なインスタレーションやパフォーマンスなど、アクティブに活動しているユニークなグループです。アーティストのドキュメントを遊… Continue Reading

0

【展示についての追記あり】ワークショップ報告「今日の原稿用紙」(2016年4月2日)

2016年4月2日に開催された「ポエトリー・フェスfrom仙台・前橋・福岡in東京」のプレイベントとして、同日の午後行われた詩作のためのワークショップ。TOLTA初のワークショップとなった。16名が参加し、終了時に全員が作品を提出した。     人が詩を書くきっかけは何だろうか。本ワークショップでは詩作の重要な動機として「感情」に焦点をあてることを試みた。このため参加者は「待ち合わせ」という、感情を誘発する経験を実際… Continue Reading

0

第22回文学フリマ東京へ出展します(2016年5月1日)

5月1日(日)第22回文学フリマ東京へ出展します。   文学フリマには委託や間借りも含め、第7回から継続して出展していますが、今回はこれまでにない最大規模の会場です(東京流通センター第一展示場2F)。狭い秋葉原の庁舎のころから出ていますけれども、たいへん感慨深いものがあります。   今回はメンバーの山田亮太が参加する<詩の実験と技術の共有のための詩誌プロジェクト>の新作「1篇の詩に対する60日間の考察の記録」初売りの… Continue Reading