0

12/21~24「米田恵子(1912-1992)の作品と生涯について」(Théâtre Musical Tokyo)に河野が参加します。

12月にトーキョーアーツアンドスペースで行われるThéâtre Musical Tokyo (TMT)のレクチャーパフォーマンスに河野が出演します。ジョン・ケージと同じ年に生まれ、同じ年に死んだ知られざる女性作曲家で詩人についての話をする予定です。   戦前に生まれた芸術家、米田恵子(1912-1992)の名と、日本の敗戦を挟んだ激動の時代に彼女の残した特異な作品は、現代までほとんど知られていない。本公演ではレクチャーパフォー… Continue Reading

0

書評集『あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ』を発売しました。

TOLTA代表、河野聡子の書評集『あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ』を11月25日に発行しました。現在オンラインショップで販売中です。     詳細については以下の販売ページにありますが、西日本新聞に書いた書評をここ5年ほどの間に刊行された翻訳文学を中心にまとめたものです。新聞書評は突っ込んで論じるほどの紙幅がないので、どちらかといえば読書案内のようなものです。ハードコアな現代文学からジュール・ヴェ… Continue Reading

0

2018年11月25日開催の第27回文学フリマ東京に出展します。

11月25日、1年ぶりに文学フリマ東京へ出展します。 今回の新刊は2冊。WEBで予約を受け付けたTOLTAの詩集『この宇宙以外の場所』   それに河野がここ数年新聞に寄稿していた書評をまとめた本 『あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ』   価格はどちらも1000円です(イベントでは税抜きで販売します) 書評集の方はイベント終了後に通販を開始します。 その他、既刊や在庫が少ないのでWEBで販売していない… Continue Reading